復讐村~村八分で家族を殺された女~

復讐村~村八分で家族を殺された女~

第1話のネタバレ感想です。

漫画最新話、感想あらすじ、無料で読む方法を紹介。

昭和36年・・

N県にある戸埜村の高校生、横山弥生は町の高校に進学したばかりでした。

山合いにある村からは弥生の姉の照美、診療所の娘の良江

そして同じクラスの篤の4人が同じ高校から通っていた。

弥生は明るく可愛く正義感に溢れる高校生!

バスに乗っていると選挙車が横にそこに立候補者の小片勝が選挙演説をしている・・

どうせ今年も投票しなくても小片が当選するんだろうと篤と弥生は呟く。

実は村では選挙の不正問題が起きている。それを見てみぬふりする大人たちに納得できず・・

解決する糸口になればと考え弥生は新聞部に入部。

選挙の入場券を組長に渡すなんて村の人たちも家族もおかしいと思っているはずだと。。。

新聞部では高校生新聞というペラ1の新聞を発行しており

部長に「隣町ではこのような選挙不正問題が起きている」と赤裸々に事実を告発!

この内容を新聞にして取り上げて欲しい!

同郷の篤はそんなことしたら大変なことになるかもしれないと思って心配をしていた・・

しかしこの村の替え玉投票の不正についていつか誰かが正さなければとも思っていた。

この高校生新聞が発行され弥生の町中には新聞が配られた・・・そこから地獄が始まる・・

家族はなんてことをしたんだ?!と弥生に言いつつ怯えていると電話がなる。

相手は組長さん、家に呼び出されるとそこには・・

組長の一岡、役人の宮本、診療所医師の山岸がおり

お父さん、お母さんは土下座をしながらドカッと蹴り付けられる・・

弥生はどうして?父と母が村の役員たちに殴られ蹴られるのを見ておかしいと思い食ってかかります。

すると弥生が取り押さえられ、お仕置きだ!といい隔離された部屋に投げ込まれた・・

裸で縛られてしまい、組長たちは弥生の両親に1時間以内に全ての新聞を集めて燃やせば

娘を解放してやると言われ両親は1軒ずつ家をまわり急いで新聞を回収にまわる・・

そして死にもの狂いで全部集めおわり組長に渡すことができたが、

まだ1枚あるから駄目だと言われ、それが組長の分だった。。騙したな・・二人は連行され

騙された両親の横で弥生は乳を吸われ・・泣いて叫ぶも助けはなく・・

組長がおもむろに弥生のアソコにち○ぽを挿入。

痛いと泣き叫ぶ弥生ですが全身縄で縛られているので抵抗できず犯されまわされ・・

地獄さながら行為が終わり開放。

やっと解放された弥生は身も心もボロボロで帰宅・・

しかしこれで村八分に合わず・・家族を守ることができたならこれくらいどうってことないと耐えました。

翌朝、村の警報が鳴り驚愕のアナウンスが聞こえてきました。

「本日より横山家とは絶縁といたします」???弥生の家族はこれより村八分となったのです。

あんなに仲良くしていた篤も顔をそむけ挨拶すらしてくれなくなりました。

妹は石を投げられいじめられ、父は仕事先をクビに。

弥生はこんな卑怯なことをするなど許せない!と町長に抗議しに行きましたが・・

売女はこれでも舐めてろとち○ぽを出され怖くて逃げ出します。

これがこの町の正体?!全部が狂っている!!

するとサイレンの音がカンカンカンと・・

家族のもとへ戻るとなんと灯油をまかれ家が燃えてい流のです・・・

(1話終了)

おすすめの記事