挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ 2話【ギャル】 感想 最新ネタバレ
スポンサーリンク
 
管理人
【挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ 】第2話の見所や感想をお届けしていきます!

挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ 2話 無料  感想【ギャル】

 
カーテンから顔を出し、夫と見つめあう状態で、挿れられてしまった由梨(ゆり)。   「妻の様子が…」 夫がエステティシャンである鷹野(たかの)に訴えたその時だった。 夫のスマホが、着信がなり・・・取引先からの電話だという夫は、由梨に謝りながらも外へ出て行ってしまう。     たすけて…涙を流しながらつぶやかれた由梨の声に、夫は気づくことはなかった。   さらに深くチ○コを挿入、由梨を激しく攻め立てた。 必死でイクのを我慢している由梨。 由梨の背中にかかった髪を避けると、首筋に現れたハート型のアザ。鷹野は、由梨がここを弄られるのが弱いことを知っているのだ。     「イッちまえ!」 鷹野が思い切り子宮を突いた瞬間、由梨は激しく身体を痙攣させイッてしまったのだった。     ¥
引用元:挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ2話 https://comic.k-manga.jp/title/19197/pv
  ・・・ くっきりと浮かんだ手形を顔につけ、深々と謝罪をする鷹野。そんな鷹野に、二度と来ないと由梨は言い放った。 謝罪の気持ちなのか、鷹野はポイントカードやプレゼント券などを色々由梨に渡した。 しかし由梨は、来ないものは来ないと拒絶をした。   悲しそうな表情を浮かべた鷹野は最後に、 久々に会えて嬉しかった…とつぶやいた・・   別の日! 最後に鷹野がつぶやいた嬉しかったという言葉は、由梨の中に残っていた。 ・・・ 大好物であるアボカドシュークリームの発売日だったことを思い出した由梨は、パン屋まで急いだ。 しかし一歩遅かったのか、お目当ての品は売り切れ。   由梨が肩を落としながら歩いていると、心配する声がかかった。声をかけてきたのは、なんと鷹野だった。 道端に突然現れた鷹野に、青ざめる由梨。 しかし鷹野の持っている紙袋を見て、ハッとした。 鷹野の持っているのが、先ほど買い逃したアボカドのシュークリームだったからだ。 アボカドが好物だった由梨を思い出して買ったという鷹野。 どういうことかと問いかけると、鷹野はこの前のエステのことを謝るために会いに行こうと思ったと言う。   偶然会えた由梨に謝りながら、買ってあったらしい菓子折りとシュークリームを押し付けると、逃げるように去っていこうとした。 そんな鷹野を、由梨は呼び止めていた。   こんなに沢山あっても困るから、家で食べていったらと誘う由梨。変な意味じゃないと釘をさす由梨に、鷹野は嬉しそうにほほ笑んだ。  
引用元:挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ2話 https://comic.k-manga.jp/title/19197/pv
適当に座るように言いながら、コーヒーの準備をする由梨。 鷹野が上着を脱ぎながら部屋を見渡していると、仲良さげに写った由梨と夫の写真が目に入った。 リビングからいなくなった鷹野を、寝室で見つけた由梨は驚いて声をかける。 鷹野が勝手に寝室のクローゼットを開けて、物色しているからだ。寝室には何もないという由梨。 突然手を引かれ、ベットに押し倒された。   由梨の上にのしかかりスカートをたくし上げる鷹野に、由梨は抵抗をする。 その時突然聞こえたバイブ音に、由梨は驚いた。 鷹野が持っていたのは、マッサージ器だった。 普段こんなの使ってんの?そうニヤけながら由梨に見せる鷹野。 エロ夫婦じゃんと言われ、由梨は赤くなった。 由梨はマッサージ用だと否定をしたが、鷹野はマッサージ器を由梨の胸に押し当てた。 強い刺激で、由梨の身体はビクンと跳ねてしまう。 バイブ音を鳴らしながら、由梨の身体を下へ下へ滑っていくマッサージ器。 由梨のクリ〇リスに辿り着いた瞬間、鷹野はグッと機械を押し付ける。 ビクンと反応する身体で、由梨はやめてと手を伸ばし、マッサージ器を退けようとした。 「三回イクのを我慢できたら、挿れないで帰ってやるよ」と笑ったのだ。   まずは一回…と囁く鷹野。 由梨の服を無理やりめくりあげると、大きな胸が現れた。 そのままショーツも?ぎ取ると、先ほど滲み出た愛液がツーっと糸を引いた。 イヤらしい奴、と鷹野は由梨の尖った乳首食いついた。 刺激に耐える由梨だったが、今度は直接クリ〇リスにマッサージ器が当てられた。  
引用元:挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ2話 https://comic.k-manga.jp/title/19197/pv
これで二回目!と楽しそうな鷹野に、奮い立つ由梨。 謝りたいと反省していたはずだった鷹野に、嘘つき!と声を上げた。 しかし鷹野は悪びれる様子もなく、お前の顔を見たら気が変わったと笑う。 次がラストチャンスだという鷹野は、由梨の身体を起こし、後ろから乳首を弄った。   やめてと懇願する由梨だが、鷹野は弱い首筋のアザに歯を立て、乳首を強く摘まんでくる。 由梨は必死で耐えようとしたが、それも虚しく終わる。 「いっイクううう!」と大きな声をあげ、盛大に愛液を噴き出しながら、三回目の絶頂を迎えてしまったのだ。 ・・・ 鷹野はドレッサーの上に置いてあったコン〇ームを見つけ、ニヤリと笑った。 ・・・
引用元:挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ2話 https://comic.k-manga.jp/title/19197/pv
     

【続きは本編で!】 \ シーモア読み放題 /

・無料試し読み多数!読み放題

【続きは本編で!】 \ お得感NO1 /

・簡単無料登録!
・無料試し読み多数!
・毎日20%〜50%OFFクーポン配布!

「挿入ってる…!夫の目の前で抗えない寝取りエステ」読んだ感想

凄くおすすめのエロギャル漫画です♡
おすすめの記事