もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。4話【ギャル】エロ漫画 感想
スポンサーリンク
管理人
【もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。】第4話の見所や感想をお届けしていきます!
  だらしなく漏れ出る嬌声を抑えることも許されず… 触れるだけでカラダが跳ね上がる秘所を攻め続けられて… 後輩相手にイカされちゃう…っ!--女性捜査官・雷土は、 後輩の野間と犯罪組織のアジトであるアパートに潜入中。 夫婦を装う2人だが犯人達は隣室の 雷土達を捜査官ではないかと疑い出す。 機転を効かせ、本当の夫婦だと思わせる為に 雷土のカラダを触り始める野間 「これも仕事です!喘いでください…!」と囁かれ恥じらう雷土だが、 ねっとりした後輩のキスと指使いに抵抗もできずに トロトロに悶えさせられて…

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。 無料 4話 感想【ギャル】

  潜入捜査も終わり、雷土と野間はオフィスでの仕事に戻った。 意識せずいられると考えていたが実際には上手くいかず、 互いに意識し、雷土は仕事に集中できないでいた。
   
数週間掲示板を張ってようやくけ見つけた脱法ハーブの販売方法であった。 早速上司に報告すると野間との潜入捜査を指示された。
 
女性の同僚が用意してくれた服は露出度が高く、 雷土は躊躇いの言葉を上げるが、潜入場所がクラブの為、 普通の服装だと同僚には言われてしまった。
 
いざその服を着てクラブ前で野間と合流すると 野間も驚いてしまい、雷土はむくれる。
 
店内に入るとカップルばかりだった。 不自然にならないように野間が雷土の腰に腕を回す。
腰が露出した服だったため、直接野間の手が肌に触れて、 雷土は自分の腰を意識してしまった。
 
立ち返って売人を探そうと辺りを見回すとカップルたちは一様にいちゃつき始めた。   キスをしたり、胸を舐めたり、アソコを弄ったりと激しい動きが見られた。 ある女性が今夜が乱交ナイトであることを教えてくれた。
 
そうなると不自然にならないようにと2人も絡み始める。 野間からキスをし、後ろから乳首を弄る。
 
その途端雷土が声を上げ、男から雷土が興奮してきたことについて声をかけられた。 野間は雷土の胸をあらわにし、器用に乳首を弄っていく。   雷土は気持ちよさに震えながらも辺りを見回し、 明らかにクスリを使っている様子のカップルを発見した。
 
その他の女性も男性を求めるような言葉を口にして、激しくセックスをしていた。
 
野間に言われ、不自然にならないような言葉を口にしなければと 考えた雷土は自らズボンやパンツを指で横に引っ張ってみせて、 アソコを舐めるよう野間に求めたのだ。
 
野間は後ろからも前からもアソコを舐めていった。 絶頂を迎えた後、野間は雷土自らの味をキスで雷土に伝えた。
 
その時、スーツ姿の怪しい男2人がクラブに入ってきた。 怪しまれないよう考えた末、雷土は野間にセックスを求める。
 
一気に野間のモノが後ろから雷土のアソコに押し込まれた。 他の女性をまねるようにモノが気持ちいいことを叫びだす雷土。
 
乱れる雷土の様子にスーツ姿の男達は思わず目を見張る。 再びの絶頂が雷土に訪れ、野間も絶頂を迎えてしまう。
 
野間が後ろから頬を手で寄せ、2人はキスを交わした。 仕事なのに感じすぎた自分に雷土は涙ぐんでしまう。
   
一息ついてお酒を楽しんでいるとスーツ姿の男達にもっといい薬があるからと バックヤードに誘われた。 雷土達は捜査対象が自分達の罠にかかったことを確信した。

【続きは本編で!】 \ お得感NO1 /

・簡単無料登録!

・無料試し読み多数!

・毎日20%〜50%OFFクーポン配布!

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。

おすすめの記事